メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

南スーダン、前橋でキャンプ 市と協定調印 /群馬

協定書に調印した南スーダン・オリンピック委員会のジュマ・ステファン・ルッガ・レミ会長(左)と前橋市の山本龍市長=前橋市役所で

 前橋市の山本龍市長は30日、市役所で南スーダン・オリンピック委員会のジュマ・ステファン・ルッガ・レミ会長と会談し、2020年東京五輪・パラリンピックに出場する南スーダン代表選手の事前キャンプを前橋市で実施する協定書に調印した。

 調印式で山本市長は「前橋との友好がささやかでも両国の友好につながっていけば。この秋いらっしゃる選手たちを歓迎したい」と述べた。調印式後の取材で、レミ会長は「事前キャンプを通して前橋市と南スーダンの関係がより一層深まって…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陽新幹線、2回緊急停車させる 威力業務妨害容疑で59歳男逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです