メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞
君は聖火を見たか

五輪と平和/3 世代超え、つなぐ思い 被爆2世、64年大会聖火ランナー 松尾和恵さん、井村啓造さん

 前回の東京五輪が開かれた1964年は、戦争が人々の記憶に色濃く残っていた。全国を巡った聖火は「平和の灯(ともしび)」として各地で熱烈に歓迎された。原爆が落とされた広島と長崎では、被爆した家族らの思いを胸に走った聖火ランナーたちがいた。

 「聖火ランナーに選ばれたよ」。広島市の松尾和恵さん(72)が、校長からそう告げられたのは高校3年生のとき、64年の夏のことだった。

 トーチを持って1・3キロの距離を走らなければいけないが、腕力には自信があった。戦後、武具店に生まれ…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1457文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら