メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30年冬季五輪招致 札幌市が長野市と「スパイラル」活用協議

札幌市の石川敏也副市長(右)から依頼文書を受け取る長野市の加藤久雄市長=長野市役所で2019年7月31日午後1時5分、島袋太輔撮影

 2030年冬季五輪招致を目指す札幌市は31日、長野市役所を訪れ、製氷を休止している国内唯一のそり競技施設「ボブスレー・リュージュパーク(スパイラル)」(長野市浅川)の活用に向けた協議を依頼した。加藤久雄長野市長は「長野市で費用の負担はしない」とした上で「活用に向けた検討を始めたい」と前向きな姿勢を示した。今秋にも本格的な協議を始める方針。

 スパイラルは、1998年長野五輪のボブスレーなどのそり競技会場として建設されたが、維持費が年間約2…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文561文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです