メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30年冬季五輪

スパイラルで再び五輪を 招致目指す札幌市、長野市と協議へ /長野

 2030年冬季五輪招致を目指す札幌市は31日、長野市役所を訪れ、製氷を休止している国内唯一のそり競技施設「ボブスレー・リュージュパーク(スパイラル)」(長野市浅川)の活用に向けた協議を依頼した。加藤久雄長野市長は「長野市で費用の負担はしない」とした上で「活用に向けた検討を始めたい」と前向きな姿勢を示した。今秋にも本格的な協議を始める方針。

 スパイラルは、1998年長野五輪のボブスレーなどのそり競技会場として建設されたが、維持費が年間約2…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです