メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

パブリックビューイング 商店街や病院、主催可能

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、大型スクリーンで競技中継を楽しむパブリックビューイング(PV)を自治体や町会、学校のほか、16年リオデジャネイロ五輪や18年平昌冬季五輪では認められていなかった商店街や病院なども主催できるとするガイドラインを発表した。

 公表されたガイドラインでは、原則として営利目的ではない団体、組織にPVの主催を認める。

 選手の所属先については、病院や自衛隊などは認める。スポンサー企業が実施できるかどうかについては検討…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文493文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです