メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞
君は聖火を見たか

五輪と平和/5 難民支援、第二の人生 元五輪選手「紛争・貧困と闘う」

 7月中旬、日差しが照りつけるギリシャ・アテネ市内の工場地帯。壁で囲まれた一角に色とりどりのコンテナが並び、小さな女の子たちが人形で遊んでいる。紛争が続くシリアなどから流入する難民・移民キャンプの一つ。そこに、難民の教育支援に奔走する日本人女性がいた。彼女は、1996年アトランタ五輪競泳800メートル自由形リレーで4位入賞したという異色の経歴を持つ。

 井本直歩子(なおこ)さん(43)。国連児童基金(ユニセフ)教育専門官として取り組む仕事は幅広い。難…

この記事は有料記事です。

残り1362文字(全文1588文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら