メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALL FOR 2020

東京へ ともに歩む

毎日新聞
スポーツ庁長官と語る 2020への決意

鈴木大地×八村塁(1)海外にルーツ持つ少年少女への思い

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」は、米プロバスケットボールのNBAウィザーズに入団した八村塁選手(21)を迎えた。6月のNBAドラフト会議で日本選手初の1巡目指名(全体9位)という快挙を成し遂げて一躍、時の人となった。ウェブ詳報の第1回は、自身と同じく海外にルーツを持つ次世代の少年少女に、長官とともに力強いメッセージを送った。(対談は7月24日に実施)【構成・浅妻博之、小林悠太、写真・梅村直承】

 鈴木 来年の今ごろは東京五輪が開幕し、日本は大変な盛り上がりを見せていると思います。

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1540文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら