メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スポーツ庁長官と語る 2020への決意

鈴木大地×八村塁(2)幼少期のスポーツ体験が身体能力の高さに

対談した八村塁選手(右)と鈴木大地スポーツ庁長官=東京都千代田区で2019年7月24日、梅村直承撮影

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」は、米プロバスケットボールのNBAウィザーズに入団した八村塁選手(21)を迎えた。6月のNBAドラフト会議で日本選手初の1巡目指名(全体9位)という快挙を成し遂げて一躍、時の人となった。ウェブ詳報の第2回は、高い身体能力の背景にある幼少期のスポーツ体験を長官と語り合った。(対談は7月24日に実施)【構成・浅妻博之、小林悠太、写真・梅村直承】

 鈴木 子供の頃はバスケットボールだけではなくて、いろんなスポーツをしていたそうですね。

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1420文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです