メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

共生社会ホストタウン 「先導的」三沢市認定 /青森

 内閣官房オリパラ事務局は、「先導的共生社会ホストタウン」に三沢市を認定した。全国15自治体の共生社会ホストタウンの中でも、積極的にユニバーサルデザインの街づくりと心のバリアフリーに取り組んでいる同市など9市が認定された。

 同市は、2020年の東京パラリンピックに向けたカナダの車いすラグビーチームの…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです