メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

1年前企画 選手村基準食材でランチ あすまで県庁食堂、1日20食 /秋田

GAP認証されたカボチャや豚肉など県内産の食材が使われた県庁食堂の限定メニュー=秋田市で

 県庁地下1階にある県庁食堂で6日、2020年東京オリンピック・パラリンピック開幕1年前企画として、選手村などの食材調達基準を満たす県産食材を使った「豚肉味噌(みそ)漬け焼きランチ」の提供が始まった。1日20食限定で8日まで。

 選手村などで使う食材は、生産者が食品の安全、環境保全などの項目をクリアする「GAP(農業生産工程管理)認証」を…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです