メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スポーツクライミング

男子・楢崎智亜選手(23) 五輪出場へ得意種目磨く 万能型へ進化した「ニンジャ」 /栃木

スピードのジャパンカップでスタートする楢崎智亜=東京都昭島市のモリパークアウトドアヴィレッジで

 万能なクライマーへの進化を続けている。スポーツクライミング男子のエース、23歳の楢崎智亜(TEAM au)は今季、ワールドカップ(W杯)のボルダリングで2度目の総合優勝を果たした。「年々オールラウンダーになって、順位が安定してきている」と強気な言葉が戻ってきた。

 発達した広背筋、幼い頃に始めた体操で培った柔軟性。抜群の身体能力を武器に、得意のボルダリングでは他の選手が慎重に手足を進める課題(コース)でもダイナミックかつ軽やかな動きで一気に攻略。2016年にW杯で初の総合制覇をつかみ、世界選手権でも日本勢初優勝。そのスタイルは海外勢から「ニンジャ」と注目された。

 世界王者として臨んだ翌年は苦しんだ。W杯は初戦で予選落ちに終わるなど、全7戦で1勝もできなかった。…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1769文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです