メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
20年東京五輪

陸上ツバル選手、合宿開始 加古川市長表敬「文化の交流を」 /兵庫

東京五輪出場を目指して合宿を始めたツバルの陸上選手(右から2人目)らを出迎える兵庫県加古川市の岡田康裕市長(左)=同市役所で、幸長由子撮影

 来夏の東京五輪出場を目指す南太平洋の島国・ツバルの陸上男子短距離走選手とコーチが13日、加古川市で合宿を始めた。24日まで、市内の陸上競技場などで、地元の高校生と合同練習を行うほか、小学生とも交流する。

 合宿に訪れたのは、大学1年のカラロ・ヘポイテロト・メイブカ選手(20)と、北京、ロンドン大会の出場経験があるコーチのオキラニ・ティニラウさん(30)の2人。

 岡田康裕市長を表敬訪問したオキラニさんは「日本文化を知り、ツバルの文化を伝えられることを楽しみにし…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文490文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. フィリピンで慰安婦像が「不明」に 台座だけ公開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです