メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トライアスロンの五輪テスト 猛暑でラン10キロから5キロに短縮 「本番でもあり得る」

日本勢最高の23位でフィニッシュする高橋侑子=東京都港区で2019年8月15日、宮武祐希撮影

 15日、東京・お台場海浜公園で女子が行われた、来年の東京五輪予選を兼ねたトライアスロンのテスト大会では暑さ対策が懸案事項になっている。この日は熱中症のリスクが高いと予想されたため、ランが通常の10キロから5キロに短縮された。国際トライアスロン連合(ITU)のスポーツディレクター、ゲルゲイ・マーカス氏は、1年後の五輪本番でも距離を短縮する可能性はあるとして、「どんな大会でも選手の安全を一番に考えないといけない」と強調した。また、スタート時間の繰り上げも検討する考えを示した。

 レースは五輪本番と同じ午前7時半スタート。午前6時時点で水温は30・3度、気温は28・5度だった。…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文645文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです