メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トライアスロンの五輪テスト 猛暑でラン10キロから5キロに短縮 「本番でもあり得る」

日本勢最高の23位でフィニッシュする高橋侑子=東京都港区で2019年8月15日、宮武祐希撮影

 15日、東京・お台場海浜公園で女子が行われた、来年の東京五輪予選を兼ねたトライアスロンのテスト大会では暑さ対策が懸案事項になっている。この日は熱中症のリスクが高いと予想されたため、ランが通常の10キロから5キロに短縮された。国際トライアスロン連合(ITU)のスポーツディレクター、ゲルゲイ・マーカス氏は、1年後の五輪本番でも距離を短縮する可能性はあるとして、「どんな大会でも選手の安全を一番に考えないといけない」と強調した。また、スタート時間の繰り上げも検討する考えを示した。

 レースは五輪本番と同じ午前7時半スタート。午前6時時点で水温は30・3度、気温は28・5度だった。…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです