メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

五輪とその時代 1960年 ローマ 「体操ニッポン」アピール

競技場を埋める観衆の中で、体操男子団体総合で鉄棒の演技をする小野喬選手。小野選手は個人種目別の鉄棒と跳馬でもで金メダルを獲得した=カラカラ競技場で1960年9月7日、二村次郎撮影(2枚の写真をつないでいます)

 第17回ローマ大会は、83カ国と地域から5300人を超える選手が参加し、1960(昭和35)年8月25日から9月11日まで開かれた。日本では安保闘争や日本社会党の浅沼稲次郎委員長刺殺事件が起きた。一方で、前年に結婚された皇太子ご夫妻(現上皇ご夫妻)に長男の浩宮さま(現天皇陛下)が誕生し祝賀ムードにあふれた。

 日本からは167人の選手が16競技に出場、体操の男子団体総合で金メダルを獲得。小野喬(たかし)選手…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです