メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

お台場でパラトライアスロンW杯 水質悪化、スイム中止 東京大会へ懸念強まる

水質悪化のためスイムが行えず、デュアスロンに変更となった大会。奥がスイム会場=東京都港区で2019年8月17日、佐々木順一撮影

 来年の東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップ(W杯)は17日、会場となるお台場海浜公園(東京都港区)のスイムコースの水質が悪化したとして、スイムを中止し、ランとバイクのみのデュアスロンに変更して行われた。1年後に東京大会の本番を控え、懸念が残ることになった。

 大会実行委員会によると、前日の16日に実施した検査の結果、大腸菌の数値が国際トライアスロン連合(ITU)が定める上限を超えた。検査は午前5時と午後1時の2回行い、午…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです