メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

お台場でパラトライアスロンW杯 水質悪化、スイム中止 東京大会へ懸念強まる

水質悪化のためスイムが行えず、デュアスロンに変更となった大会。奥がスイム会場=東京都港区で2019年8月17日、佐々木順一撮影

 来年の東京五輪・パラリンピックのテスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップ(W杯)は17日、会場となるお台場海浜公園(東京都港区)のスイムコースの水質が悪化したとして、スイムを中止し、ランとバイクのみのデュアスロンに変更して行われた。1年後に東京大会の本番を控え、懸念が残ることになった。

 大会実行委員会によると、前日の16日に実施した検査の結果、大腸菌の数値が国際トライアスロン連合(ITU)が定める上限を超えた。検査は午前5時と午後1時の2回行い、午…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです