メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/7 長井 タンザニア 息の長い交流結実

陸上教室でジョギングをするタンザニア選手団と参加者ら=山形県長井市で

マラソン名選手も推進役に

 昨年10月、長井市で開かれた長井マラソン大会の前日、往年の名ランナー、瀬古利彦さん(63)とタンザニアのジュマ・イカンガーさん(62)の対談が実現した。男子マラソンのライバル同士が繰り広げた名勝負に、フィニッシュ直前に瀬古さんが前に出て優勝した1983年の福岡国際マラソンがある。その同じ年、一人の女性がタンザニアから長井市にやってきたことは、2020年の東京五輪・パラリンピックで同市がタンザニアのホストタウンに登録され、交流を深める今につながっている。

 83年冬、タンザニア出身のルルさん(56)が、長井市に嫁いできた。国際協力機構(JICA)の青年海…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1548文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです