メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/7 長井 タンザニア 息の長い交流結実

陸上教室でジョギングをするタンザニア選手団と参加者ら=山形県長井市で

マラソン名選手も推進役に

 昨年10月、長井市で開かれた長井マラソン大会の前日、往年の名ランナー、瀬古利彦さん(63)とタンザニアのジュマ・イカンガーさん(62)の対談が実現した。男子マラソンのライバル同士が繰り広げた名勝負に、フィニッシュ直前に瀬古さんが前に出て優勝した1983年の福岡国際マラソンがある。その同じ年、一人の女性がタンザニアから長井市にやってきたことは、2020年の東京五輪・パラリンピックで同市がタンザニアのホストタウンに登録され、交流を深める今につながっている。

 83年冬、タンザニア出身のルルさん(56)が、長井市に嫁いできた。国際協力機構(JICA)の青年海…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1548文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです