メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

レガシーの創造者たち/3 選手と企業、橋渡し 雇用コンサルタント・初瀬勇輔

ボートで東京パラリンピック出場を目指す有安諒平(左端)。所属先の東急イーライフデザインのサポートに支えられている=高橋秀明撮影

 視覚障害者柔道の元日本代表、初瀬勇輔(38)は競技を続ける一方で、障害者雇用コンサルタントとしても活動している。競技生活を支援してもらえる就職先を初瀬から紹介された選手は多く、2020年東京パラリンピックの正式種目であるボートのPR3クラス(混合かじ付きフォア)でメダル獲得を目指す有安諒平(32)=東急イーライフデザイン=も、その一人だ。【高橋秀明】

 7月下旬、強い日差しが肌を刺す埼玉県の戸田漕艇(そうてい)場。1964年東京五輪の会場となったボー…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1632文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです