メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

レガシーの創造者たち/3 選手と企業、橋渡し 雇用コンサルタント・初瀬勇輔

ボートで東京パラリンピック出場を目指す有安諒平(左端)。所属先の東急イーライフデザインのサポートに支えられている=高橋秀明撮影

 視覚障害者柔道の元日本代表、初瀬勇輔(38)は競技を続ける一方で、障害者雇用コンサルタントとしても活動している。競技生活を支援してもらえる就職先を初瀬から紹介された選手は多く、2020年東京パラリンピックの正式種目であるボートのPR3クラス(混合かじ付きフォア)でメダル獲得を目指す有安諒平(32)=東急イーライフデザイン=も、その一人だ。【高橋秀明】

 7月下旬、強い日差しが肌を刺す埼玉県の戸田漕艇(そうてい)場。1964年東京五輪の会場となったボー…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1632文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです