メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 大会テーマ凝縮=越智貴雄

 東京パラリンピックの開幕まで、あと1年。多くの方が大会で最初に目にするのは、世界中のアスリートたちが一堂に会する瞬間、「開会式」ではないだろうか。

 入場行進では、民族衣装やお国柄が表れたファッションはもちろん、キラキラした車いすやかっこいい松葉杖(づえ)や義足など、パラリンピックならではの楽しみもある。私が最初に見た19年前のパラリンピックで今でも強く印象に残っているのは、足を切断した選手の一人が、満面の笑みで逆立ちをしながら片手で歩き、もう一方の手で観客に手を振りながら行進する姿だ。

 開会式の演出は、どんなことをテーマにした大会なのかが、ぎゅっと凝縮されている。過去10大会のパラリ…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文675文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです