メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野口が日本勢トップの2位 五輪代表内定 クライミング世界選手権複合

女子複合決勝のボルダリングで第1課題を完登する野口啓代=東京・エスフォルタアリーナ八王子で2019年8月20日、宮間俊樹撮影

 スポーツクライミングの世界選手権第9日は20日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で女子複合の決勝があり、野口啓代(30)=TEAM au=が日本選手トップの2位となった。日本山岳・スポーツクライミング協会の選考基準を満たし、来年の東京五輪代表に内定した。東京五輪で初めて採用されるスポーツクライミング…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. ORICON NEWS HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです