メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

パラ合宿予定のモルディブ大使、小田原市を表敬 /神奈川

説明を聞きながらトラックを視察するアハメド・マルズーク事務局長(右)ら=神奈川県小田原市城山陸上競技場で

 小田原市と「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた事前キャンプに関する協定」を結んでいるモルディブ共和国のイブラーヒム・ウェイス駐日大使らが19日、加藤憲一市長を表敬訪問し、キャンプを予定している城山陸上競技場などを視察した。

 モルディブはインド洋にある島国。これまでにも小田原市…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです