メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

東京五輪、初採用競技 開拓者・野口、代表第1号

女子複合決勝のボルダリングで第1課題を完登する野口啓代=東京・エスフォルタアリーナ八王子で2019年8月20日、宮間俊樹撮影

 スポーツクライミングの世界選手権は20日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で、女子複合の決勝が行われ、野口啓代(あきよ)(30)=TEAM au=が日本選手トップの2位に入り、来年の東京五輪代表に内定した。東京五輪で採用された新競技で、代表第1号となった。「夢みたいで信じられない」と笑みがこぼれた。

 165センチ、52キロの細身の体に隆々とした筋肉が浮き上がる。登る速さを争う「スピード」、ホールド…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです