メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楢崎智が複合で日本人初優勝、五輪代表も内定 クライミング世界選手権男子

男子複合決勝のボルダリング第3課題を完登して喜ぶ楢崎智亜=東京・エスフォルタアリーナ八王子で2019年8月21日、宮武祐希撮影

 スポーツクライミングの世界選手権最終日は21日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で8人による男子複合の決勝が行われ、楢崎智亜(ともあ)=TEAM au=が優勝し、ボルダリングとの2冠を達成した。昨年の大会から始まったこの種目で日本選手が優勝するのは初めて。楢崎智は来年の東京五輪代表に内定した。

 4位に入った原田海(日新火災)を含めた上位7人(1カ国・地域2人まで)が五輪出場の前提となる「参加…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです