メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ホストタウンに能代市 ヨルダン正式要請 /秋田

ホストタウン受け入れを正式要請するヨルダンのリーナ・アンナーブ駐日大使(左)=秋田県能代市で

 能代市が2020年の東京五輪・パラリンピックで、ヨルダン選手団のホストタウンとなることが決まった。21日に同市を訪れたリーナ・アンナーブ駐日大使が正式要請し、斉藤滋宣市長は「大変光栄」と快諾した。今後、事前合宿や事後交流などの調整を進める。

 ヨルダンは16年のリオデジャネイロ五輪でテコンドー男子の選手が金メダルを獲得。アンナーブ大使によると、バスケットボー…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

  5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです