メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

簡単!「おばちゃん英会話」本 葉山の大山さん、自治体に贈呈 /神奈川

ハワイの移民英語をベースにした英会話読本を自治体などに無償提供している大山さん=神奈川県葉山町役場で

ハワイ移民の英語ベース

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、葉山町在住の英会話教師、大山ブーンさん(72)が簡単で実践的な表現を盛り込んだ英会話読本5000冊を出版し、東京・神奈川の自治体などに無償で提供している。本のタイトルは「オリンピックに向けてちょーカンタン! おばちゃん英会話」。公民館などで無料の講座も開いており、葉山町から感謝状が贈られた。

 読本はB6判、129ページ。米国・ハワイのダイヤモンドヘッドをバックに知人の「おばちゃん」がほほえ…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです