メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

東京パラ出場目指す39歳(その1) 輝く星とともに走る

練習場所の西東京スポーツセンターに向かう中沢隆(左)。気温30度の暑さの中、盲導犬のデネブがうれしそうに水を飲んだ=東京都西東京市で、丸山博撮影

 ねっとりとした湿気が、体にまとわりつく。初夏の東京郊外。パラトライアスロン視覚障害クラスの日本代表候補、中沢隆(りゅう)(39)=サイネオス・ヘルス・コマーシャル=が、足早に練習場所へと向かう。

 左隣にそっと付き添うのは盲導犬のデネブ。7歳になるオスのラブラドルレトリバーだ。その名は「見えないところを明るく照らしてほしい」という願いが込められ、夏の夜空でひときわ輝く星から命名された。

 中沢は社会人になるまで本格的なスポーツ経験がない異色のアスリートだ。土いじりが性に合い、中学時代は…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文706文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです