メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JOC

理事会を非公開に 「議論活性化のため」 「時代に逆行」批判も

JOC理事会後の記者会見で非公開決定について質問を受けるJOCの山下泰裕会長=東京都新宿区で8日、宮武祐希撮影

 日本オリンピック委員会(JOC)が、1989年の発足以来、報道陣に原則公開してきた理事会を来月から全面非公開にすることを決めた。6月に会長に就任した、柔道の84年ロサンゼルス五輪金メダリストで全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏(62)が、東京五輪まで1年を切る中、諸課題に対応していくには「議論の活性化が不可欠」として自ら提案した。ただスポーツ界は近年、不祥事が相次ぎ、透明性の確保が求められている。専門家からは「時代に逆行する」との批判が出ている。【田原和宏、小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2783文字(全文3018文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです