メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

開幕まで1年 障害ある観客も楽しく バリアフリーのホテル増設を 国際パラ委員会・パーソンズ会長

アンドルー・パーソンズ国際パラリンピック委員会会長=後藤由耶撮影

 国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長(42)が東京パラリンピック開幕まで1年に合わせ、毎日新聞の電話インタビューに応じた。パーソンズ会長は大会準備は順調と評価しつつ、障害のある観客に対応したホテル不足に懸念を示し、大会組織委員会と協力して改善に努めていることを明らかにした。【聞き手・芳賀竜也】

 --開幕1年前の段階での準備状況について、どう評価しているか。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです