メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

メダル公開 心束ねる扇

東京パラリンピックのメダル。メダルの種類が触れてわかるように、側面に円形のくぼみがある。銅メダル(奥)は三つのくぼみ=東京都中央区で2019年8月23日、佐々木順一撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が25日に発表したパラリンピックのメダルのデザインは表裏とも「扇」をモチーフとし、人々の心を束ねて世界に新たな風を吹き込むとの思いが込められた。側面に金は1個、銀は2個、銅は3個と初めて円形のくぼみを施し、触れれば種類が分かるように工夫されている。

 デザインには214件の応募があり、博報…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです