メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

外国人の接客は言葉よりも笑顔 事業所へ研修 福島 /福島

笑顔の接客が大切と強調する桜井亮太郎さん(左)=福島市のコラッセふくしまで

 来年の東京五輪・パラリンピックに向け、訪日外国人旅行者への対応の仕方などを学ぶ事業者向けの研修会が26日、福島市のコラッセふくしまで開かれた。同市主催で、県内外の56事業所から集まった約80人が外国人の集客や効果的な案内方法などを学んだ。

 講師を務めた仙台市のコンサルティング会社代表、桜井亮太郎さ…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです