メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ミャンマー選手歓迎 鶴ケ島で合宿始まる /埼玉

チアリーダー部員から応援のエールを送られるミャンマー代表候補ら(左)=埼玉県坂戸市けやき台の城西大学で

 2020年東京五輪・パラリンピックでミャンマーのホストタウンに登録された鶴ケ島市で、陸上、柔道のミャンマー五輪代表候補選手団の事前キャンプが始まった。スポーツ施設を提供する城西大学の坂戸キャンパス(坂戸市けやき台)で27日、歓迎交流会が開かれた。

 訪れた陸上と柔道の代表候補とコーチ計11人は、9月…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです