メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

検証 パラリンピック1年前/下 過酷な暑さ、なお課題 きめ細かな対策必要

 2020年東京パラリンピック(8月25日~9月6日)は厳しい残暑に見舞われることが予想される。障害の程度によって体温調節の難しい選手もおり、暑さ対策は重要だ。一方、選手強化が充実する半面、メダル獲得への期待が重圧となる懸念もある。「アスリートファースト(選手第一主義)」が叫ばれる中、競技環境や強化の現状に迫った。

 気温30度を超える炎天下でのパラトライアスロンは、過酷だった。「暑くて意識が飛んでしまった。ゴール…

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文1947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです