メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

高校総体開催「黄信号」 五輪余波で宿泊施設高騰 競技会場分散し経費増大

2020年インターハイの競技会場

 開催まで1年を切り、機運が盛り上がる東京五輪パラリンピックの陰で、ほぼ同時期に行われる全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の開催が危ぶまれている。五輪の余波で宿泊施設の確保が難しくなり、競技会場を分散した結果、深刻な資金不足に陥っているためだ。インターハイは、これまで多くの五輪選手も生んできた高校生アスリートの夏の祭典。全国高等学校体育連盟(全国高体連)は寄付金を募っているが、目標額には遠く及んでいない。【山口朋辰】

 インターハイは30競技34種目で全国の高校生が日本一を目指し、しのぎを削る。1963年から各都道府…

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2066文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです