メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪 聖火ランナー応募1033人 県内20市町 松山市の倍率131倍 /愛媛

1964年の東京オリンピックで愛媛県庁前を出発する聖火=松山市で同年9月14日撮影

 東京2020オリンピック聖火リレー県実行委員会は4日、県内20市町で8月末まで公募していた聖火リレーのランナーについて計1033人から応募があったと発表した。松山市は公募数2に対し263人集まり、倍率は最も高い131・5倍となった。各市町が候補者を選考し、県実行委での承認を経て大会組織委員会が当選者を決定。当選者には12月以降、市町を通じ連絡がある。【木島諒子】

 ランナーは08年4月1日以前に生まれ、各市町にゆかりがある人が対象で、7月から各市町で募集していた…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです