メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC 陸上記者のレース展望

男子は「4強」中心 女子は鈴木と松田が軸

新井隆一記者

[PR]

大阪本社運動部・新井隆一

 MGCは国内トップランナーが集結する究極の一発勝負。国内で開催される東京五輪の代表決定戦で、注目度の高さは過去に例がない。勝負のポイントは37キロ付近から高低差30メートル超を駆け上がる上り坂とみるが、重圧や暑さなど波乱を起こす要素も多い。

 男子は大迫傑(28)=ナイキ、設楽悠太(27)=Honda、井上大仁(26)=MHPS、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=の「4強」が中心となる。4強の対抗の1番手は山本憲二(29)=マツダ=だ。昨年の東京を2時間8分48秒、今年のびわ湖毎日も2時間8分42秒と安定しており、地力は高い。

 16日で27歳の中村匠吾(富士通)も自己ベストは2時間8分16秒で、展開次第で上位を脅かす力はある。残暑が厳しければ「初代・山の神」の今井正人(トヨタ自動車九州)も浮上する。35歳のベテランだが暑さに強いとされ、終盤の上り坂勝負まで持ち込んで粘りたい。

 女子は大混戦だが、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=と松田瑞生(24)=ダイハツ=が軸となりそう。この2人に前評判は及ばないものの力を秘めるのが前田彩里(27)=ダイハツ、関根花観(23)=日本郵政グループ、一山麻緒(22)=ワコール=の3人だ。

 前田は2015年世界選手権マラソン代表。その後は左足首のけがなどに苦しんだが、一昨年にレース復帰後は一戦ごとに力が戻っている。関根は16年リオデジャネイロ五輪の長距離代表で、昨年の名古屋ウィメンズで初マラソン3位。チームは近年、日本代表を相次いで輩出しており、選考会に向けた調整力は高い。一山も初マラソンだった今年の東京で2時間24分33秒の好タイムをマーク。まだ22歳で伸びしろも大きい。

新井隆一

 毎日新聞大阪本社運動部。1977年、東京都生まれ。2001年入社。大阪運動部、松山支局、姫路支局相生通信部を経て、07年秋から大阪、東京運動部で勤務。リオデジャネイロ五輪、陸上世界選手権(モスクワ、北京、ロンドン)、ラグビーワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会などを取材。高校野球の監督経験もある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです