メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 同時開催、見る機会増え=越智貴雄

パラバドミントンの世界選手権でショーアップされたメインコートに登場した世界ランキング1位の鈴木亜弥子。この試合の後、優勝したバドミントン男子の桃田賢斗らが熱戦を繰り広げた=写真家・越智貴雄さん撮影

 世界では、競技としてのパラスポーツが浸透し、観戦する対象になってきた気がする。国際的に有名なマラソン大会では車いす部門も行われることが当たり前になっており、テニスの4大大会にも車いす部門が設けられている。私がこの夏に取材で訪れたカヌー(ハンガリー・セゲド)、バドミントン(スイス・バーゼル)、トライアスロン(スイス・ローザンヌ)の世界選手権でも、パラ競技と五輪競技が同時開催されていた。

 バドミントン世界選手権の今年の開催地には東京も立候補していたが、スイス・バーゼルがパラ競技の同時開…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです