メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC STORY

鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

北海道マラソンで、笑顔でトロフィーを持つ1位の鈴木亜由子=札幌市中央区で2018年8月26日、貝塚太一撮影

[PR]

鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ

 昨秋のある日、監督について鈴木に聞くと、真面目な彼女が笑いながら冗談めかした。「今までのどの監督よりも、言い方が悪いけど、一番面倒くさい人」。「監督」とは所属先の日本郵政グループの高橋昌彦監督。鈴木は高橋監督の情熱ときめ細かな強化プランの下、日本を代表する女性ランナーへと成長した。

北海道マラソンで1位でフィニッシュする鈴木亜由子=札幌市中央区で2018年8月26日、貝塚太一撮影

 かつて「天才少女」と呼ばれた。愛知県豊橋市の豊城中時代、バスケット部に所属しながら2年生で全日本中学校選手権で2冠を達成した。だが、県内有数の進学校、時習館高(愛知)では疲労骨折した右足甲に腰骨を移植する大手術を受けた。名古屋大で復活し、多くの実業団から誘われたが、チームを立ち上げたばかりで最後に勧誘された日本郵政グループを選んだ。「チームカラーがないので、自分たちで作っていくのが楽しそうだった」と振り返る。

 けがが多く、陸上関係者には「早熟」と見る向きもあった。だが、45歳で一念発起し、早大大学院でスポーツ科学を学んだ高橋監督の考えは違った。高橋監督は今年4月に亡くなった名将・小出義雄さんの下、2大会連続五輪メダリストの有森裕子さんや2000年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さんの指導に関わった経験を持つ。

 高橋監督が分析すると、鈴木の過去の試合数の多さに気づいた。最も多い中学2年の時は年間29試合。「試合にたくさん出ると調整、調整だから練習できない。だから、パフォーマンスが落ちていくよ」。高橋監督は小出さんのささやきを覚えていた。

トレーニングルームで準備運動する鈴木亜由子=東京都小金井市で2017年10月17日、長谷川直亮撮影

 高橋監督は「亜由子計画」と名づけ、試合数を絞った。すると、鈴木は血管と筋肉が浮き出た男子顔負けのサラブレッドのような脚を作り上げた。米国ボルダーでの高地練習で心肺機能も高めた。2年目の15年に世界選手権代表になり、16年リオデジャネイロ五輪、17年世界選手権も代表入り。MGCも本命候補に挙がる。

 高橋監督も必死だった。00年代、UFJ銀行、トヨタ車体で監督を務めたが、いずれも廃部の憂き目に遭った。11年4月には東京電力の監督就任が決まっていたが、直前に東日本大震災が起きた。陸上部は休部になり、無職になった。

 女子陸上部を創部する日本郵政グループから監督の打診があったのが、12年11月。何が何でも成功したかった。会社の上層部に掛け合い、高圧酸素カプセルや栄養士もいる寮を完成させた。奔走して作り上げた充実の環境が、鈴木の才能を花開かせた。

 あの日、笑いながら冗談めかした鈴木だが、実感を込めてこう続けている。「やっぱり、(自分に合う監督は)この人なんだろうなと思う。私なんかより何倍も(強くなる方法を)分かっている」。2人の集大成が東京五輪になる。【新井隆一】

鈴木亜由子
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです