メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郷土の英雄

列島五輪伝 1952年ヘルシンキ五輪・レスリング金 石井庄八(1926~80) /東京

ヘルシンキ五輪で金メダルを獲得し、胴上げされる石井=1952年7月撮影

激烈練習の「求道僧」 後輩指導、実業界でも活躍

 サンフランシスコ平和条約が発効した1952年、日本はベルリン大会以来16年ぶりに五輪に復帰する。ヘルシンキ五輪である。

 だが、戦後の食糧難で外国選手との体力差は歴然だった。多くの競技でメダルへの道を阻まれる中、日本選手で唯一金メダルを獲得したのがレスリング、フリースタイル・バンタム級の石井庄八だ。

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです