メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC 陸上記者のレース展望

実績通りに運ばないのがマラソン 過去のレースから選手の特長探る

石井朗生編集委員

東京本社運動部編集委員・石井朗生

 MGCの男子を予想すれば、現日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ、前保持者の設楽悠太(27)=Honda、昨年アジア大会覇者の井上大仁(26)=MHPS、昨年の福岡国際マラソン優勝の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=と、実績で上回る4人の名前が挙がるのは当然だろう。

 だが、実績通りに事が運ばないのがマラソンの難しさであり、面白さでもある。MGCに出場する各選手が2015年9月以降の最近4年間に走ったマラソンの内容から、「4強」以外にも五輪代表争いに絡む力がありそうな存在に目を向けてみた。

 MGCは中盤まで比較的落ち着いたペースで進み、終盤で一気に勝負が動くと予想される。同様の展開を経験…

この記事は有料記事です。

残り2070文字(全文2383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです