メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ競泳 世界選手権 山口、世界新でパラ切符 男子100平、デビュー半年の18歳

男子100メートル平泳ぎ(知的障害)の金メダルを手に笑顔の山口尚秀=共同

 パラ競泳の世界選手権は11日にロンドンで行われ、男子100メートル平泳ぎ(知的障害)で初出場の山口尚秀(瀬戸内温泉スイミング)が1分4秒95の世界新で頂点に立った。規定などで東京パラリンピックの代表に決まり、金メダル候補にも躍り出た18歳のホープは「障害があっても、一生懸命頑張ったら可能性はぐんと上がることを証明していきたい」と目を輝かせた。

 彗星(すいせい)のごとく現れた新鋭が描く成長曲線は、限りない可能性を予感させた。2月に国際大会でデ…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文540文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです