メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC Go to the start

35歳・最年長「元祖」の今井、26歳のプロ神野、MGCに挑む2人の「山の神」

マラソングランドチャンピオンシップを前に、記者会見で記念撮影する今井正人(後列左)と神野大地(同右)=東京都新宿区で2019年9月13日、小川昌宏撮影

 東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内である。男子30人、女子10人が出場し、2位以内が代表に内定する。大学時代に箱根駅伝で、「山の神」の異名を取った今井正人(35)=トヨタ自動車九州=と神野大地(26)=セルソース=は苦境を乗り越え、悲願の五輪代表を目指す。

 13日は東京都内に出場全選手が一堂に会した記者会見。ピリピリとした雰囲気の中で、男子で2番目の年長…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです