メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング川井姉妹「2人で金メダル」宣言 伊調姉妹以来の快挙目指す 14日開幕世界選手権(スポニチ)

[PR]

 東京五輪予選を兼ねたレスリングの世界選手権(14日開幕、カザフスタン)に臨む女子代表が12日、羽田空港から出発し、57キロ級の川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)が62キロ級の妹・友香子(22=至学館大)との姉妹金メダルを誓った。

 3大会連続の優勝が懸かる梨紗子は「2人で金メダルを持って帰ってこられたら」と意気込み、友香子も「去年(ブダペスト大会)は私が銀だったので、今年こそ」と期する。

 姉妹そろって世界選手権で金メダルを獲得すれば07年の伊調千春、馨姉妹以来。今大会3位以内で内定する五輪代表へ、梨紗子は「アテネ、北京五輪の馨さんと千春さんをテレビで見ていたけど、自分たちがそれを目指すとなると本当に簡単なことじゃないと実感します」と気を引き締めた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです