メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎で無名選手を育ててきたMHPS 優勝候補の井上ら3人出場 MGC15日号砲

男子マラソンで金メダルを獲得し、笑顔を見せる井上大仁=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内で行われる。出場する男子30人、女子10人のうち、2位以内が代表に内定する。昨夏のアジア大会金メダルの井上大仁(26)ら3選手が出場するMHPSマラソン部は地元・長崎出身の選手が中心だ。学生時代からのスター選手たちに、地方のたたきあげ集団が挑む。

 チームからは、井上と2018年の東京で2時間8分8秒を出した木滑良(28)、今年2月の別府大分毎日…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです