メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇

15日開催、東京五輪マラソン代表選考会MGC レースへの対応力が勝負の分かれ目

記者会見で記念撮影する大迫(中列左端)、井上(同右から3人目)、設楽(同4人目)、服部(後列左から2人目)、鈴木(前列右端)、松田(同左から2人目)=東京都新宿区で2019年9月13日午後2時52分、小川昌宏撮影

 東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は15日、明治神宮外苑を発着点に東京五輪とほぼ同じコースの42・195キロで行われる。国内トップランナーが一堂に会し、東京五輪のテスト大会も兼ねる。気温は30度に届かない予報で、早めに引き離しにかかる選手も出てきそうだ。五輪本番でも求められるレースへの対応力が勝負の分かれ目となる。

 男女とも2位までが代表に内定し、3位も有力候補になる。男子は午前8時50分、女子は同9時10分にス…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです