メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC、男子は設楽が大逃げ、中間点で2分1秒差 2位集団は大迫ら4人

トップで東京タワー前を走り抜ける設楽悠太=東京都港区で2019年9月15日、小川昌宏撮影

[PR]

 東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は15日、東京・明治神宮外苑を発着点に男子は30人、女子は10人が出場してスタートした。

 男子はスタート直後から設楽悠太(Honda)が飛び出し、独走態勢に入った。5キロ地点で後続に1分差をつけた。中間点は、先頭の設楽が1時間3分27秒で通過。2位集団は大迫傑(ナイキ)ら4人で2分1秒差。

 女子は18キロ過ぎに、鈴木亜由子(日本郵政グループ)と前田穂南(天満屋)の2人が抜け出す展開。

 男女とも上位2人が五輪代表に内定し、3位が有力候補となる。

 スタート時の気象条件は、男子が晴れ、気温26・5度、湿度63%。女子は晴れ、気温26・9度、湿度63%。(記録は速報値)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです