メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内であり、男子の服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2時間11分36秒で2位に入り、代表に内定した。

 陸上界の「プリンス」が栄誉を担う。MGCに最多の4人を送り込んだ強豪チームのエースが自身初の五輪行きを決めた。

 徹底した準備で真のマラソンランナーへと成長した。4回目のマラソンだった昨年の福岡国際マラソンでは日本勢14年ぶりとなる優勝を遂げた。終盤に失速した過去の反省を踏まえ、1キロ3分ペースでどれだけ走ってもフォームを崩さないことを徹底して練習したという。

 今回も「コースの試走は何回やったか分からないぐらいやった」。コース上のポイントを頭と体に染みこませ…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです