メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

[PR]

男子1位でフィニッシュする中村匠吾=東京都港区で2019年9月15日、久保玲撮影

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内であり、中村匠吾(26)=富士通=が2時間11分28秒で1位になり、代表に内定した。初の五輪代表。

 愚直な努力家の中村が「4強」を破った。40キロ手前まで先頭集団が6人の大混戦となったが、思い切ったロングスパートで前へ出る。41キロ手前で大迫に追いつかれるが、再び41キロ過ぎの急坂でスパートをかけて突き放した。

 駒大3年だった2013年に東京五輪開催が決まった直後、駒大の大八木弘明監督の「五輪まで本気で指導するからお前も本気で取り組め」という言葉が胸を打った。「五輪まで7年しかない。信頼できる監督の下で環境を変えずに成長していきたい」と心を決めた。

 15年春、駒大を拠点に練習を続けることを認めてくれた富士通に入社。大八木監督の方針に従い社会人2年目までは将来を見据え、5000メートル中心に持ち味のスピードを鍛えた。17年日本選手権5000メートル3位と結果を残し、18年から満を持してマラソンに転向。初マラソンの同年3月のびわ湖毎日で日本勢トップの7位となり、MGC出場権を獲得した。同年9月のベルリンでは2時間8分16秒を出した。今も距離を重ねる練習に加え、スピード練習を欠かさず、マラソンの高速化に対応できる選手となっている。

 小学校のマラソン大会前でも自主的に家の周りを走った。強くなるため、高校は登校に往復4時間かかる三重・上野工(現・伊賀白鳳)を選んだ。悪天候でも決められた練習メニューを貫き通した。努力が大舞台で実を結んだ。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです