メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決

女子2位鈴木亜由子、本命が前評判通りの力を発揮 MGC

女子2位でフィニッシュした鈴木亜由子=東京都港区で2019年9月15日、宮間俊樹撮影

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内であり、女子の鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2位となり、代表に内定した。

 女子の本命候補が前評判通りの力を発揮した。前回の2016年リオデジャネイロ五輪はトラック種目で出場しており、2大会連続の五輪切符をつかんだ。

 当初はマラソン挑戦に慎重だった。「天才少女」と呼ばれた中学時代から全国レベルのスピードを持ち、五輪…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです