メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン男子代表、MGC3位の大迫を抜くためには日本記録更新が必要

イチョウ並木を一斉にスタートする男子選手たち=東京都新宿区で2019年9月15日、梅村直承撮影

 15日、東京都内で行われた東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は男子は中村匠吾(26)=富士通=が優勝し、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2位で、ともに代表入り。2時間5分50秒の日本記録を持つ大迫傑(28)=ナイキ=が3位だった。

 女子は前田穂南(23)=天満屋=が優勝し、鈴…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです