メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子3位大迫傑 「最速の男」、一発勝負のプレッシャーに感情乱され MGC

40キロ付近、2位の服部勇馬(左)と3位の大迫傑=東京都内で2019年9月15日(代表撮影)

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする東京五輪とほぼ同じコースであり、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=は2時間11分41秒で3位だった。五輪代表に即時決定する2位以内に入れなかったが、今後の国内選考大会の結果との比較で最終3枠目に選ばれる可能性がある。

 優勝候補本命の「日本最速の男」が代表の即時決定を逃した。残り数百メートルで服部に追い抜かれ、前を向…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 商店街にネコ、猫…新潟で86年ぶり仮装行列

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです