メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGC男子のスタート1分54秒遅れる 原因はピストル

一斉にスタートする男子の選手たち=東京都新宿区で2019年9月15日午前8時52分、梅村直承撮影

 東京五輪のテスト大会の位置づけで実施された「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、運営の一部を担当していた大会組織委員会は15日、男子のスタートの号砲が予定時刻より1分54秒遅れるトラブルがあったと発表した。組織委によると、号砲を鳴らすピストルがスタート2分前に異常を示したため、予備の…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです